BIOGRAPHY

太田菜穂子
Naoko OHTA

大正大学客員教授/Espace KUU 空キュレーター >大正大学・エスパス空
NPO東京画 代表理事/チーフキュレーター >東京画
「L'art de Rosanjin」(パリ・ギメ美術館)コミッショナー/
国内巡回展「魯山人の美」映像制作プロデューサー >魯山人の美
RAIEC 六甲国際写真フェスティバル ボードメンバー
>六甲山国際写真フェスティバル
東京生まれ。東京白百合学園小・中・高校を経て、早稲田大学第一文学部に入学、同校の美術史学専攻を卒業。卒業後、ケンブリッジ(英国)に留学し、ラファエロ前派の絵画と黎明期の写真史をテーマに研究。 1979年、エールフランス国営航空に入社、1983年までパリベースのフライトアテンダントとして勤務、パリに暮らす。帰国後、通商産業省(現経済産業省)機械情報局の海外研修事業の一環として発足したJCMTP(Japanese council for Medical Training Program)のExecutive Secretary して勤務(虎ノ門病院内に本部を置く)。ASEAN諸国の医師を対象とする研修プログラムの立案から受け入れまで、実施・運営を一手に任される。1987年、グローバルな文化交流とアート活動を目的としたプロジェクトや企画プロデュースを手がけるKLEE INCを設立。1991年からはヨーロッパと東京に拠点に置き、活動を開始。企業や国内外のブランドの文化、アート、環境関連プロジェクトでの、イベント企画と運営、出版、広報までトータルなディレクションとグローバルな品質管理で高い評価と信頼を得る。近年は日本の新たな価値を国際的に発信するプログラム、「新日本様式」(プロモーション委員)に参加するなど、舞台を国内外とする。2013年、和食のユネスコ無形文化遺産登録に大きく寄与したパリ・ギメ美術館で開催された展覧会『L'art de Rosanjin』では、コミッショナーとして全体を統括すると共に、文化庁、ギメ美術館と共にKLEE INCは主催者として参加。同展の成功に向け、主導的な立場で貢献した。
受賞歴
  • 2000
  • 「陰影礼讃」展覧会カタログ
    全国カタログ・ポスター展/印刷出版研究所奨励賞
  • 2009
  • 「新日本様式」 JAPANTEX空間デザイン
    DDA (日本ディスプレイデザイン協会)入賞
  • 2013
  • 「L'art de Rosanjin」パリ・ギメ美術館展示
    DSA (日本空間デザイン協会)優秀賞