• 「L'art de Rosanjin」 パリ・ギメ美術館 | 2013

  • 「L'art de Rosanjin」 パリ・ギメ美術館 | 2013

  • 地域活性化プロジェクト「紀尾井町の流儀」 サンローゼ赤坂| 2009-2001

  • コーポレートコレクション「エルメスカフェ」 銀座エルメス本展| 2005~

  • BJOPプレスレセプション リッツカールトン東京 | 2007

  • 「新日本様式」プロジェクト / ロンドン・デザインセンター| 2007-2009

  • Open or Close

    MONTHLY MESSAGE

    October 2019
    Greetings


    久々にバレエの世界が持つ魔法の時間にどっぷり浸りました。

    Kバレエカンパニー設立20周年『マダム・バタフライ』、
    英国ロイヤル・バレエ団のプランシパルから振付家に転身した熊川哲也氏の挑戦。
    プッチーニのオペラとしてあまりに有名な『蝶々夫人』が
    バレエ作品に“書きかえられる”手法がイメージできず、
    衣装、舞台美術、ダンスの構成、物語の展開など、21世紀という時代において、
    奇妙なオリエンタリズムになってしまうのではないかと
    一抹の不安を覚えながら、オーチャードホールに向かいました。
    しかし、私の予想は杞憂に過ぎませんでした。

    2019年9月29日、私が体験したのは、
    21世紀の美学、価値観、リズム、そして人間の感情でした。

    100年という過去に遡るにふさわしい“しつらえ”である舞台美術、
    ダンサーたちの“しぐさ”としてのダンスのスキルと表現力、
    そして物語の展開、
    まさに、バレエが創出する独特な世界を堪能しました。

    多くのアート・ラバーが、最も力を持つ表現に“Dance(踊り)”を挙げるように、
    舞踊には言葉を超えた感情表現を可能にするようです。
    言葉を捨て、身体のしぐさに想いの全てを託す、
    そこには、永い時間を磨き上げてきた技術と鍛錬へのメソッドがあります。

    来年、『TOKYO CURIOSITY 2020 SHIBUYA』という
    具体的なプロジェクトに取り組む私にとって
    自分の肉体を使って表現するさまざまな藝術は、今
    多くの気づきとインスピレーションを与えてくれるようです。


    太田菜穂子
    2019年10月

    >BIOGRAPHY


    © Naoko OHTA

    ACTIVITIES

    • ESPACE KUU 空 大正大学に新たに創設されたギャラリースペース。宇宙・空間を意味するフランス語「エスパス」と仏教用語である「空」を組み合わせ、大学と地域との間に幅広いコミュニケーションを生み出す場であることを表している。


    • L'art de Rosanjin 2013年パリ・ギメ美術館にて
      「L'art de Rosanjin」展を主催。
      日本巡回展として、2015年京都国立近代美術館・足立美術館
      2016年三井記念美術館/ 「魯山人の食卓」を開催。

    • 東京画 国内外100人の写真家を通じて、「東京」という街について、またそこに関わる私たち自身について考え、新たな価値の発見やビジョンを共有する。"その次へのアクションとムーブメント"を引き起こすプロジェクト。

      東京画
      アメリカ:マイアミ国際空港 南ターミナルにて写真展を開催中
      フランス:『L'OEil TOKYO-PARIS』- Photo Exhibition & Photo Book Sales - ※終了いたしました。

    • ecobeing もっと地球と話そう。
      謙虚に学び、考え、実践する環境webサイト
      協力:JFEホールディングス株式会社

      エコピープル 82
      『未来の景色』を創る、その生き方
      サステナブルなモノづくり『アップサイクル』

    • KLEE INCの出版物のご案内 クレー・インクでは写真集を中心とする出版事業を行なっています。 購入のお申し込みは本サイトの特設ページで対応しています。

      『神楽坂、その優美』
      ギュンター・ツォーン

      『空 KUU』
      石山貴美子